FC2ブログ

精進料理に学ぶ トマト 

先日の記事で講座「写経と精進料理」を紹介させていただきました。
※記事はこちらです。

今回の記事は前回の茄子に続き「ミニトマト」について書かせていただきます。


全福寺御住職の精進料理はどれも美味しいものばかりで、いつも有難くいただいています。


全ての料理がおいしいのですが、その中でも印象に残った料理について、講座終了後に質問をさせていただきました。


その一つが、


お品書きに「トマト」と書かれたこちらの料理でした。





600精進料理ミニトマト20210601

一見すると”ただの”ミニトマトです。


しかし、このミニトマトが美味しいのです!!


本当に美味しいのです!!



食べてみると、まず驚くのが、皮が向かれていることです。


皮がなくなることで、トマトの味がそのまま伝わってきます。


口の中にトマトの甘さとほどよい酸味、そして何とも言えない清々しい香りが広がります。


「トマトの美味しいところだけを食べている」と感じてしまうほど、美味しいのです。


「皮をむいただけでミニトマトがこんなに美味しくなるのか!!?もしかして何か特別なトマトなのか??」


と思って、全福寺御住職にうかがうと




「皮をむいて、漬けてあるんだよ!」


とのことでした。


漬けてあると言っても、強い味ではありません。


あくまでも「トマトそのものを食べている・トマトの美味しいところだけを食べている」と感じるように漬けてあることは主張してきません。


このトマトを食べるたびに思い出すのが


仏教が説く「生まれたときから尊い心をいただいている」と言うことです。


私達は、誰もが生まれたときから仏様のような尊い心をいただいています。しかし、知らず知らずのうちその心を見失ってしまいます。


身体を調え、呼吸を調え、心を調える坐禅は、見失ってしまった心を実体験することにつながっています。


これは、ミニトマトの皮をむくように、気がつかないうちに尊い心を隠してしまったものを取り除くことと同じです。


また、坐禅に取り組むということは仏教の教えである仏法の中に入り込んでいくことであり、これはミニトマトの味を最大限に引き出すために液に漬けることに似ています。


皮をむいて漬けることで、ミニトマトの美味しいところだけを食べているように感じることで、仏教の教えにどっぷりと漬かりながら身体と呼吸と心を調えることの大切さを思い出します。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、40代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる