じゃがいもの植えつけ体験

 今日は東光寺(静岡市清水区横砂)の境内にある袖師保育園の園児達(参加者約80人)と保育園が管理する「こどもの畑」でじゃがいもの植えつけ体験を行いました。

じゃがいもの植えつけ体験1302263


 「こどもの畑」ではこれまで、外部の方に依頼し

 ・じゃがいも
 ・さつまいも
 ・大根
 ・たまねぎ


 などを栽培していただき、園児が収穫体験を楽しむ活動を行ってきました。しかし、楽しいことだけをするより野菜を生産する苦労も少しだけでも体験した方が園児の成長につながると考え、これまでの収穫体験に加えれ

 ・畑の清掃活動
 ・草取り
 ・石の除去
 ・苗や種の植えつけ


 も行っていくことになりました。

 1歳から3歳のクラスの園児は先生方に掘ってもらった穴に種芋を入れて優しく土をかけていました。

 年中・年長クラスはシャベルで穴を掘り、種芋を植え、土をかけていきます。


 同じ姿勢で座ったままの作業が続くので


 「足がしびれた~」


 と言った声も聞かれましたが、楽しそうに体験をしてくれていました。







 私も今回のじゃがいもの植えつけには深くかかわっていて、畑の清掃や石拾いを行った場所に畝(うね)を作ってじゃがいもの植えつけを行えるように準備を整え、今日の植えつけ体験を迎えました。

 (石拾いの様子はこちらをご覧ください)



じゃがいもの植えつけ体験1302261
 ↑完成した畑の畝(うね)

 




 今日も園児たちが植えつけ体験を終えて帰った後に畑の仕上げをしましたが、先日の石拾いで大量に拾ったはずの石が次々と出てきます。あまりに多いので「ふるい」を出してきて土をふるいにかけてみました。


じゃがいもの植えつけ体験1302264
 ↑使用前


じゃがいもの植えつけ体験1302262
 ↑使用後


じゃがいもの植えつけ体験1302265
 ↑回収された石



 5mの畝を移動しながらふるいにかけただけで一輪車一杯分の石が出てきます。1輪車5杯分の石を集めて今日の作業は終わりにしました。




 園児達よ、まだまだ石拾い体験は続きそうだぞ・・・
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、30代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる