FC2ブログ

「絵」葉書 【十方に通貫す】令和3年2月


東光寺【静岡市清水区横砂】の写経会では毎月絵葉書を配布しています。



これまでは私が撮影した写真に文字を合成して印刷をしてきましたが、今回からしばらくは「絵」葉書にしようと思います。


「絵」はこれまで子供坐禅会で配布する仏教豆知識シールなどの絵を担当してきた妻に書いてもらいました。






600【絵葉書】竹


今回の絵はタケノコ堀をしているときに感じたときの様子を描いてもらいました。




タケノコを掘っていると根にぶつかることがあります。


初めてタケノコの根まで掘ったとき、この根がどこまで続いているのか興味がわいて周囲を掘ったことがあります。




もちろん、終わりが見えないのですぐに止めてしまいました。


調べてみると竹の根は縦横無尽に根がはりめぐらされていることを知りました。


そしてその根には、まだ芽を出していない小さなタケノコや去年の春に大きく成長して立派になった竹、すでに立ち枯れてしまっている古い竹がつながっていることを知ったとき大きな感動を覚えました。




竹はそれぞれの竹が独立した存在ではなく目に見えない部分ですべてがつながっていたのです。




禅の言葉に


十方に通貫す


という言葉があります。



すべての場所を貫いていること。あまねく広がっていることを示す言葉で、臨済録という中国唐代の禅僧で臨済宗開祖の臨済義玄の言行をまとめた語録に出てくる言葉です。





法とは心である。

心は形なくして十方世界を貫き、目の前に生き生きとはたらいている。




とあるのです。




竹の根は、新しいタケノコだけでなく、大きく成長した竹やすでに枯れた竹ともつながっているように、


私達の心も、生きている場所や年齢など関係なく見えない部分でしっかりと結びついており、心が調うことで目には見えないつながりを実感することができるのです。 




竹やタケノコを目にした際に、少しだけでも


十方に通貫す、心は形なくして十方世界を貫き、目の前に生き生きとはたらいている。


という言葉を思い出していただければ幸いです。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、40代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる