FC2ブログ

法話の作り方・アンテナの張り方

600【坐禅和讃】19 無二無三の道直し






「来週は“ 〇〇〇”という禅の言葉について話をします。私はこれから一週間この言葉についてアンテナを張りながら例話を考えます。」


とても分かりやすく伝わる法話(仏教の話)をされる和尚様がある日の法話のの最後におっしゃいました。


この言葉を聞いて、このような話しの作り方があったのだと衝撃を受けました。




私は法話を作るときには起承転結【きしょうてんけつ】を大切にするように教わりました。




起:どのような話をするのか伝える
承:語句の説明
転:例え話など
結:まとめ



15分の話しをするのであれば



起:1~2分
承:2~3分
転:約8分
結:2~3分



と時間配分も教えていただき、今でも実践しています。




そして、話すことや課題が決まったら全体の流れや起承転結の内容を考えました。


特に頭を悩ますのは「承」例話の部分です。


これまでは、どんな例話が良いのか過去の自分の体験などから考えていました。




しかし「これから一週間この言葉についてアンテナを張りながら例話を考えます。」という方法には気がついていませんでした。



このような考え方をするからこと、より身近な例話や言葉を使われているのだと分かりました。


私もこれからは課題をいただいてから、その課題と共に生活をするという方法があることを忘れないようにしたいと思います。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、40代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる