FC2ブログ

写経会のときに どんな話しをしているの? その85

600スライド1



求心歇処即無事〔ぐしん やむところ すなわち ぶじ〕


外に答えはない 自分の中にある





写真のお地蔵様は東光寺(静岡市清水区横砂)の位牌堂にいらっしゃいます。



位牌堂は御檀家様がお参りに来られることが多い場所ですが、このお地蔵様の存在に気がついている方は多くありません。



しかし、お地蔵様は誰かに見られているか見られていないのかなど関係なく手を合わせています。



その姿こそが尊いのです。






中国の禅僧で臨済宗開祖の臨済義玄【りんざいぎげん】禅師の言葉などをまとめた臨済録という書物に


求心歇処即無事〔ぐしん やむところ すなわち ぶじ〕


という言葉があります。






”悟り”や”仏”といったものを外に求めとようとする心を断ち切った心こそが大切だと説く言葉です。


外に求めることなく、自分の中にある尊いものに気づくことの大切さを指摘する語であり、「無事」は、あらゆる執着や妄想から解放された平穏な境地を示しています。





自分の中にある尊いものに気がつくためにはどうしたら良いのでしょうか。


そのひとつが合掌です。


合掌の心を示した言葉に



 右仏 左衆生と 拝む手の 中ぞゆかしき 南無の一声




というものがあります。



 手を合わせると、すでに頂いて私達の中にある仏の心と一つになり、敬いの心である「南無」という気持ちが自然に湧いてくるものです。



私達の中には仏の心がある。同時に煩悩もある。

煩悩だけを消し去ることはできない。

仏の心だけを増やすこともできない。

煩悩だけ、仏だけを独立させることもできない。




ただし、ひとつになることはできる。

右手と左手を合わせてひとつになるように、仏と煩悩がぴったりとひとつになる。

私達は合掌をする姿に、仏様を見ているのです。






そして、誰かに見られているから見られていないかなど関係なく手を合わせる姿こそが、求心歇処即無事〔ぐしん やむところ すなわち ぶじ〕という姿です。



このお地蔵様のように自然と手を合わせることができる人になりたいと感じています。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、40代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる