FC2ブログ

達磨様の名札

あるお坊さんの結婚披露宴へ参加したときのことです。


受け付けを済ませ席次表を見ながら自分の席を探していると、私の名前が書かれたダルマ様が席に置いてありました。



600名前入り達磨大師




一般的には自分の座席には名前を書いた紙が置いてあるのですが、まさかダルマ様に名前が書いてあるとは予想もしていなかったので驚きました。


このお坊さんは私と同じ臨済宗(禅宗)のお坊さんです。


臨済宗を含めた禅宗最初の僧侶であるダルマ様こと達磨大師を私達はとても大切にしています。


ですから、「かわいい~」や「赤くて縁起が良さそう~」と言った軽い気持ちでダルマ様に触れることはありません。

もちろん、名札代わりにダルマ様を使うなどと言うことはありません。


では、なぜ名前が書いたダルマ様があるのでしょうか。






仏教では「だれもが生まれながらに素晴らしい存在である」と説いています。


「素晴らしい存在」を“仏”や“悟り”、“心”など様々な言葉で表現します。


このことを


白隠禅師【はくいんぜんじ】という江戸時代の和尚様は「衆生本来仏なり」と示し、

お釈迦様は「山川草木悉皆成仏【さんせんそうもくしっかいじょうぶつ】と 示されました。


これらは


お釈迦様は素晴らしくて、私はダメな人。

達磨様は素晴らしくて、私はダメな人。


ということを示してはいません。


お釈迦様も達磨様も、そしてあなたも み~んな素晴らしい!


つまり


お釈迦様 = 素晴らしい

達磨様 = 素晴らしい

あなた・私 = 素晴らしい


であるならば


お釈迦様 = 達磨様 = あなた = 私


なのです。


私自身が仏であり、達磨なのです。


禅はこのことを実感することの大切さを説いており、結婚披露宴の席に置かれた自分の名前の書かれた達磨大師も「お釈迦様 = 達磨様 = あなた = 私 ということを忘れるなよ」と語りかけているように感じます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、40代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる