FC2ブログ

昔話シリーズ その5 田植え地蔵

この記事は東光寺(静岡市清水区横砂)で行われてみんなの坐禅会(子供坐禅会)で私が話した内容をまとめたものです。




600【昔話】5

昔話シリーズ【5】 田植え地蔵




この話は、花咲かじいさんや鶴の恩返しのように、ほとんどの人が知る話しではないかもしれません。

しかし、今を生きている私達に大切なことを教えてくれています。

話しは以下の通りです。



むかしむかし、あるところに、働き者のおじいさんとおばあさんが住んでいました。

二人は毎日、田んぼに出かけます。

その途中に、小さなお地蔵様があり二人はいつも手を合わせていました。

やがて春が過ぎて、田植えの時期が来ました。

しかし年老いた二人では、なかなか田植えがはかどりません。

するとそこへ、坊主頭の元気な男の子がやって来て田植えを手伝ってくれたのです。

そのおかげで、いつもより早くに田植えが終わり、男の子は帰っていきました。

その日の帰り道、お地蔵様の前で手を合わせると

「おや?」

おじいさんがお地蔵さまの足元を見てみると、泥がついていることに気がつきました。

「おおっ、わしらの田植えを手伝ってくれたのは、お地蔵さまでしたか。ありがたい、ありがたい」

それからおじいさんとおばあさんは今まで以上に心を込めて、毎日毎日おじぞうさまに手を合わせました。







というお話です。





毎日お地蔵様に手を合わせると、困ったときにお地蔵様が助けてくれる。


そんな気持ちにもなるお話です。


確かにお地蔵様に手を合わせることは素晴らしいことです。


お地蔵様は私達を近くで救ってくださる菩薩様ですので、「困ったときにお地蔵様が助けてくれる」も間違いではありません。


しかし、ここからさらに一歩を踏み込んでみるとこのお話しの深さに気がつきます。




私はこのお話の大切な部分は


「足についた泥にすら手を合わせる尊さ」


だと思います。


舗装されていない道の祀られたお地蔵様に泥がついていたら


「誰かが歩いたり走ったりしたときに泥が跳ねてお地蔵様についた」


と考えてしまいがちです。


道路が舗装された現代でも、雨の日に道を歩いていたら車が跳ねた水が自分に飛んでくることがあるように、舗装されていない道の泥が跳ねてお地蔵様についた方が現実的です。




しかし、おじいさんはそのようには考えなかったのです。


感謝の気持ちを持って世界を見ているからこそ「足についた泥」をありがたいと感じることができたのです。


私達は手を合わせたとき、自然と感謝の気持ちが出てきます。


出ないときもあるかもしれませんが、毎日手を合わせていくと知らず知らずのうちに感謝の気持ちが出てきます。


田植え地蔵のお話しは


感謝の気持ちを持つことの尊さと、その気持ちを保ちながら生活をしていくことの大切さを教えてくれているように感じます。





600昔話シリーズ5 豆知識シール
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、40代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる