FC2ブログ

オンライン坐禅会で行ったテストの結果

800オンライン坐禅会 世界が広がる

臨済宗青年僧の会が主催するオンライン坐禅会で約1か月間子供坐禅会を担当させていただきました。
※オンライン坐禅会についてはこちらをご覧ください



そんなオンライン子供坐禅会ですが、コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言も解除されて、6月から小学校が再開されるため、5月31日をもって一区切りとさせていただきました。



今後は土日や夏休みに開催をしようと考えています。





私はこの子供坐禅会を通して参加してくれる子供達に


“坐禅ってなかなか良いものだ”と感じてもらいたい、


そして、


“衆生本来仏なり”という言葉を知ってもらいたい


と考えながら坐禅会を実施してまいりました。





衆生本来仏なり【しゅじょう ほんらい ほとけなり】とは江戸時代に活躍された白隠禅師という和尚様の残した有名なお経の冒頭部分です。
生きとし生きるもの誰もが仏様であり、誰もが尊い心をいただいている、自分自身こそが仏だと自覚することが大切だと説く言葉です。






そこで、オンライン子供坐禅会が一区切りするということで、最後に参加する子供達に問題を出しました。



「問題です。これから私が“せーの”と声をかけるので、仏さまを指さしてください。せーの!」



と声をかけると、参加してくれていた子供達は・・・






一斉に自分を指さしてくれました!!!





「衆生本来仏なり」、自分自身こそが仏さまなんだと示してくれた瞬間でした。




もちろん、子供達は知識として衆生本来仏なりの意味を知って自分を指さしたのかもしれません。


しかし、これからも坐禅を続けたり、様々な良い習慣を実践することで、ふとした瞬間に知識として知った衆生本来仏なりという言葉を実体験する日がきっとくると思います。



自分自身が仏だと実感したとき、目の前の人も、目には見えないが縁のある人も、縁がない人も、そして嫌いな人までもが仏さまだったとも実感できると思います。



そのように実感できる子供が増えることは決して悪いことではなく、大変喜ばしいことです。

その入り口とも言うことができる姿が「仏さまを指さしてください」と言われて、子供達が自分を指し示した姿だったと思います。




そのような貴重な現場に一緒にいられた御縁に感謝するとともに、臨済宗青年僧の会が主催するオンライン坐禅会がこれからも継続していくように、出来る限りの協力をさせていただきます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、40代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる