FC2ブログ

タケノコを発見する力と成長の壁

東光寺(静岡市清水区横砂)の墓地がある観音山は春になるとタケノコが顔を出します。



例年ですと、もう少し遅い時期に掘り始めるのですが今年は少し早め(それでも一般的な堀一よりも遅い・・・)にタケノコを探しに行ってきました。



私も一緒に行った娘もしばらくはタケノコを見つけることができませんでした。


何度も同じ道を行ったり来たりして探すのですがタケノコは見当たりません


「まだ出ていないのか・・・」


とあきらめかけていたときに娘が


「あった!!」と叫びます。






600タケノコを探せ02

娘が指さすところを見ても私には分かりません・・・




葉っぱをどけると





600タケノコを探せ03

本当だ!! タケノコが頭を出しています。掘ってみれば






600タケノコを探せ04

おいしそうなタケノコです。





600タケノコを探せ01


毎年のことですが不思議なことに、1回見つけると、さっきまで「無い」と思っていた道からも次々に見つかるのです。
この道(幅1m 長さ10mの範囲)からこの日だけで7本ほど収穫できました。






最終的には、掘る体力がなくなってくる頃には、目が慣れて見つけたくなくても見つけられるようになってしまいます。



何も無いと思っていた道なのに、1度タケノコを発見するとたくさんのタケノコがあることに気が付ける。


スポーツにも同じことがあります。

基礎練習を繰り返していくことで、それまで失敗することが多かった技がある日突然できるようになって失敗することが無くなることと同じだと感じます。


自転車も同じです。

乗れるようになるまでには時間がかかるが、乗れるようになれば失敗することも転ぶこともなくなり、年を重ねて体力が落ちてもずっと乗り続けることができる。




このことは、何かひとつの関門を突破すると、今まで「何も無い」と思っていた場所に「様々なものがある」ことに気がつくことができる仏道修行に通じる部分だと思います。




苦労してもすぐに結果が出ないとあきらめてしまいがちですが、


「苦しいときにこそ頑張り続けることで見える世界がある」


ということが確かにある、とタケノコを掘りながら感じた出来事でした。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、40代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる