FC2ブログ

宗教は亡くなった人のためではない 生きている人のためにある。


東光寺(静岡市清水区横砂)の本山は京都にある妙心寺です。


最近は便利な時代になったもので、本山まで行かなくて妙心寺の山門付近にある掲示板が世界中から見えるようになります。
(妙心寺のFacebookより)





600妙心寺掲示板0314






今は


祖先を粗末にする人は

やがて自分も粗末にされる




と書いてあるようです。


以前、一般の方に




「お金は生きている人の為に使うんだよ。死んだ人にはお金をかけても喜ばないからね!だから法事なんかするよりも生きている人たちで美味しいご飯を食べに行こうと思っているんだよ!!」




と言われたことがあります。そんなとき、私は




「宗教は亡くなった人のためにあるのではなく、 生きている人のためにある。」




と言っていたお坊さんの話しをするようにしています。





お金は生きている人のために・・・、宗教は生きている人のためにある。同じようなことを言っているように感じますが、もちろん内容は同じではありません。


「宗教は・・・」という言葉だけでは少し説明不足です。


私はこの言葉に説明を付け足すとすると


亡くなった方をないがしろにするのではなく、亡くなった方を丁寧に供養するから、今を生きる人の為になる。



亡くなった方を大切に想うことが供養であり、その気持ちを形にしたのが法事なのですから、供養を続けることは自分自身の心を調えることに直結する大切なことです。
と、言うことは




祖先を粗末にする人は

やがて自分も粗末にされる






という言葉は


祖先を大切にする人は

やがて自分も大切にされる



と言い換えることができ、





お金は生きている人の為になるように使うことが、やがて自分の為になる。


とも表現できるのではないでしょうか。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、40代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる