FC2ブログ

気晴らしにお参りでもいかがですか

600こまめ 手をつなぐ カラー


少しずつ暖かさを感じるようになってきました。


春もすぐそこです。


暑さ寒さも彼岸まで、とはよく言ったもので、春の彼岸には「暖かくなりましたね。」と毎年言っているように感じます。



・・・しかし今年は少し様子が違います。“新型コロナウイルス”の影響を受け、学校が休校になったり多くのイベントが中止や延期となり全体的に気持ちが停滞しているように感じます。






伊藤古鏡氏が昭和38年に出版した「臨済宗衲覩(臨済宗ノート)」の中に児童の手引きという章があり、その中に“おひがんまいり”という詩がありました。






おひがんまいり


おてらの もりから かねがなる

あちらも こちらも みなさんが

かわいい こどもの てをひいて

おひがん まいりに でなされた

てんきも はれてる きもはれる







暖かく過ごしやすくなったこの季節に、家の中に閉じこめられている子供達を連れて御先祖様のことを想いながら感謝の気持ちを持ってお墓参りをして手を合わせることができれば、自然と気持ちが晴れてくることでしょう。


今は、このような大切なことを多くの人々が見失ってしまっている状態なのではないでしょうか。


こんなときだからこそ、気晴らしにお参りでもいかがでしょうか!?
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、40代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる