FC2ブログ

手作りと市販品から 分別 を考える 【その1】

600市販のチョコレート200120




「バレンタインのチョコレートを手作りしたい!」


という子供に


「手作りよりも、買ってきたものがいいよ! 手作りだと失敗をする可能性もあるけど、市販のチョコならおいしいよ!」


と親が答えることはそれほど珍しいことではありません。これに対して


「手作りだから良いんだよ、市販のものには心がこもっていないもんね!」


と子供が返事をすることも珍しくありません。






この親子がチョコレートを手作りしながら、材料となる市販のチョコレートをつまみ食いをしたとき、そして完成したチョコレートを食べたときに満面の笑みで「おいしい」と味わうことも珍しくありません。






無分別は一般的には軽率なことを意味しますが仏教では区別しない、こだわらないことを意味する大切な言葉です。





市販のチョコレート、材料となるチョコレート、手作りのチョコレート、無分別の心で食べれば満面の笑みで「おいしい」と食べることができます。


しかし、どれが一番おいしいかと分別しながら選ぼうとすれば、ついつい“市販のものには心がこもっていない”などと悪口が出てしまいます。




無分別の心を保ちながら 満面の笑みで「おいしい」と言える心で日々を過ごしたいと感じます・・・
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、40代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる