FC2ブログ

絵葉書法話37【無罣礙】

50020191220.jpg





忖度の無い心を求めている




花が咲き誇り、そこに蜂がやってきて無心に花粉を集めている。
以前なら見過ごしていた光景に感動するようになったのは、年齢のせいではなく純粋な気持ちを欲する私のよどんだ心の作用。






若い頃、美しい花が咲いていても「きれいだな」と思っても、それ以上は何も感じませんでした。


花に蜂が近づいても「あ、蜂がいる」と思ってもそれ以上は何も感じませんでした。



しかしこの頃は、花が咲きそこに蜂が無心に花粉を集めている姿を見ると理由は説明できないのですが感動を覚えるようになりました。



なぜがその光景をずっと見ていたいと感じるのです。





なぜ、そのように感じるのでしょうか。


般若心経というお経の中に無罣礙【むけいげ】という言葉が出てきます。




罣礙とは“網に引っかかって身動きが取れない状態”を意味しています。

つまり、心が前にも進めず後ろにも戻れない状態となっていることを示す言葉です。

そこに「無」を付けることで、無罣礙という言葉になり、

心にこだわるものが何もなく、自由自在な状態を意味しています。






自然の中で花が咲く姿、その花の花粉を無心に集める蜂の姿こそが無罣礙な姿だと感じます。


そして、幼い頃は誰しもが無罣礙の心で過ごしているのですが、普段の生活や経験から年齢を重ねると無罣礙を離れて損得やお金、地位や名誉といった心で物事を判断するようになってきます。


しかし、それが全て正しいとも思えず 幼い頃に剥き出しにしていた無罣礙の心をどこかで求めているのではないでしょうか。


だからこそ、以前なら見過ごしていた美しい光景に感動するようになったように感じています。






感動するということは、自分の心を修復したいという欲求の表れかもしれません。


確かに、美しい光景を見ることで自分自身のよどんだ心を調えることができるかもしれません。


ですが、いつでも美しい光景を見ることができるわけでありません。


では、美しい光景を見ることができないときにはどうしたら良いのか・・・






やはり、妙心寺派の教えである“生活信条”の初めの言葉である


一日一度は静かに坐って 身と呼吸と心を調えましょう


に帰ってくるのではないでしょうか。



1日に1回くらいは姿勢を調え、呼吸を落ち着かせ、心を調える。


大切な教えだと感じます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、40代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる