FC2ブログ

花梨(かりん)の香り

 法事が終わり、部屋に戻るといつもと違い良い香りがしました。机を見ると大きな花梨(かりん)の実がひとつ置いてありました。

 ・・・外で遊んでいた4歳の娘が花梨(かりん)の実を拾って帰ってきていました。

かりん121202


 お寺の裏庭にある花梨の木から自然に落ちたもの拾ってきたようです。

 私の祖母が生きていた頃は花梨酒を造っていたようですが、最近は誰も加工していませんでした。花梨がなっていても家の中に持ち込むこともありませんでした。


 娘が拾ってきたため久しぶりに手に取ることが出来ました。


 花梨の香りは「梅」のような、「梨」のような、「桃」のような・・・表現することは難しいのですが繊細な良い香りです。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、40代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる