FC2ブログ

お坊さんになる“きっかけ” 【笑顔に導かれて編 その2】

500読経こまめ正方形





ふとした瞬間に思い出す笑顔があります。

そして、その笑顔を思い出したとき

あのときの、あの笑顔があったから、今の私はここにある

と、感じます。






小学校に入学した頃から夏のお盆の時期には僧侶である父の後ろについて御檀家様の家に棚経に行かせていただいていました。

今となっては良い思い出かもしれませんが、当時は苦痛でした。

夏休みを謳歌している同級生を見るのも嫌でしたし、見られるのはもっと嫌でした。

好奇の目にさらされ、後ろ指をさされ笑われる。

隠れようにも隠れる場所もなく、ただ後ろを歩くことしか選択肢がない夏のお盆は私にとって苦痛でしかありませんでした。






嫌だなぁ、嫌だなぁという気持ちは、体の内外にも影響を及ぼすようで、私はあるお宅で盛大にお経を間違えてしまいました。

大きな声でお経は読むように言われていましたので、大きな声を出していました。

当然、間違えれば誰でも気がつきます。

「やってしまった、父に叱られる、御檀家様に笑われる・・・」

そんなことが頭の中をグルグルと駆け巡り、最後までお経を読めたか記憶にありません。





しかし、お経が終わり「怒っているかな?あきれているかな?あわれんでいるかな?」グチャグチャと考えながら振り返ると


後ろでお参りをしてくれていた女性はにっこりと微笑んでいたのです。そして、「がんばってお経を読んでくれてありがとね。」


と声をかけてくれたのです。





バカにしたような笑いでもなく、あきれているのでもない、不機嫌でもない、もちろん怒ってもいない。

ビクビクしていた私はあの時の笑顔に本当に救われたような気持になりました。

例え失敗したとしても、振り返えったときににっこりと微笑んでくれる人がいるという事実はその後の私の人生の支えになりました。




そして、進路について悩んだとき この笑顔という御恩になんとか報いていきたいと感じたことも、今の私を作り上げているように思います。




そう考えると、あのときの、あの笑顔があったから、今の私はここにあるのだと感じます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、40代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる