FC2ブログ

月落不離天【月落ちて天を離れず】

500ブログ 月落ちて天を離れず1


私は満月を見ると、意味もなく気持ちが明るくなります。


やがて、その満月が見えなくなると なんだか寂しい気持ちになってしまいます。






500ブログ 月落ちて天を離れず2

夜空に輝いていた月は、時間の経過と共に輝く場所を変え、





500ブログ 月落ちて天を離れず3

やがては地平線へと落ちていきます。






500ブログ 月落ちて天を離れず4

月が移動し、無くなったように感じます。





しかし、その瞬間に他の場所でも月が見えなくなっているのでしょうか?


そのようなことはありません。


世界のどこかでは月は輝き、また別の場所ではとっくに沈んでいるのです。




自分自身が移動をすることができれば月を見ることはできるのです。






月落不離天【月落ちて天を離れず】という禅語があります。



月は西に沈み地へと落ちるように見えるが、天を離れたわけではない。


ただ目に見える範囲から外れただけなのです。


月自身は変わらず天にあります。




月は悟り、天は自分自身を示します。


「悟り、悟り!」とあちらこちらを探しても見つかりません。いつか悟りがやってくると待っているだけでも何もおこりません。


悟りは何か特別な場所にあるものでありません。


天から離れることがない月と同様に、いつも自分の中にあるのだと示しているのです。






月が見えなくなって寂しい気持ちになる私に「月落ちて天を離れず」という言葉が、「目先のものだけにとらわれてはいけない」と語りかけてくれているよう感じます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、40代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる