FC2ブログ

始めの一歩は大切です

教育実習(高校物理)で、動摩擦係数と静止摩擦係数はどちらが大きいか気合いを入れて1時間かけて証明したところ、指導教官に


「説明は分かったけど、1時間かけて説明すること?」


と言われたことがあります。


高校生に1時間かけて説明したことを10文字であらわすと


動き出せば楽になる!


と、なります。

物を押して動かそうとすると、地面との間に摩擦が生じます。

実はこの摩擦力が一番大きいのは動き出す直前なのです。

重たいものを動かそうとして一生懸命押してもなかなか動かないのに、動き出したら意外と簡単に動いたという経験は誰もがしていることでしょう。

誰もが経験していることを貴重な1時間をかけて数式を使って説明しているのですから、指導教官があきれるのも当然です。






しかし、“摩擦力が一番大きいのは動き出す直前”というのは物理の世界だけではないように感じます。


私達が普段の生活の中で何かを始めようとするときも同じなのではないでしょうか。





500こまめ 遠くを目指して歩く

遠くを目指しても、なかなか初めの一歩が踏み出せない。




500左足出して歩くこまめ 白黒

しかし、一歩でも踏み出せば、歩み続けることができ、




500旗もってゴールこまめ カラー

目標地点に到達する!






仏教は、迷いや苦しみの世界から離れることを目指します。


迷いや苦しみの世界から悟りの世界へと到達しようとしています。


この悟りの世界へ到達しようと特にがんばる強化週間が「お彼岸」です。






「彼岸」とは、「到彼岸(とうひがん)」の略で、悟りの世界(人間完成)に到達することを言うのです。


そして、そのために悟りの世界に到達するために六つの正しい実践(六波羅蜜)をしよう!!


と説いているのです。






もちろん、修行は毎日の積み重ねなのですが なかなか急に始められるものではありません。


しかし、お彼岸という動き出すためのきっかけを利用しないなんてもったいないことです。




“摩擦力が一番大きいのは動き出す直前”であり、動き出したら意外と簡単に動き続けるわけですから、お彼岸などを最初の一歩を踏み出すきっかけにしてみるのも良いかもしれません。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、40代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる