幢幡(どうばん)

 お寺には見たことはあるけど、何のためにあるのか分からないものがあると思います。

 例えば、これ↓↓↓
幢幡(どうばん)3


幢幡(どうばん)

 東光寺(静岡市清水区横砂)の本堂にも天井から吊り下げられています。この金色に輝くものは



 幢幡(どうばん) と言います。




 幢幡と言う言葉は「幢」と「幡」に分けることができます。
 


 「幢(どう)」
 昔、儀式または軍隊の指揮などに使っていた旗の一種で、布で作り、竿の先につけたり、柱に懸けたりしていた物を「幢(どう)」といました。ここから仏教では、仏様や菩薩(ぼさつ)のしるしとして仏堂の装飾とする布を「幢(どう)」と言います。



 「幡(ばん)」
 仏様の素晴らしさを示すための仏具で、法要や説法のとき、寺院の境内や堂内に立てる飾り布を「幡(ばん)」と言います。お寺で見かける旗のようなものです。



 この「幢(どう)」または「幡(ばん)」を筒状にして天井から吊るしたものを「幢幡」と言います。



 東光寺には子供坐禅会などに参加するため保育園児や小学生がやってきます。天井を見上げた子供の多くは「幢幡(どうばん)」を見つけると

「これ何!?」

と聞いてきます。子供達には難しい説明では分かってもらえないので、できるだけ噛み砕いて説明をするように心がけています。



 噛み砕いて、噛み砕いて、噛み砕き過ぎてします悪い癖がある私が「幢幡(どうばん)」を子供たちに説明すると


「仏様がここにいるよ!とみんなに分かるように用意した旗を集めて作った飾りだよ!だから、仏様の名前が書いてあるでしょ!ちなみに、名前は幢幡と言います。」


 となります。



 質問した子供の中には答えを聞いて

「だからピカピカしているんだね。これだけピカピカしていれば遠くからでもお参りできるもんね!!」

とうれしそうな顔で反応してくれる子供もいて、話をしていて発想の豊かさに驚かせれています。




 ちなみに、金色には「仏様の教えと同様に変化しない」と言う意味があるため、金は仏具に使用されることが多くあります。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、30代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる