FC2ブログ

自分と他人の境界線




500ブログ 自分と他人1

自分とは何か?




500ブログ 自分と他人2

“自分”がいれば“他人”がいる




500ブログ 自分と他人3

私達は自分と他人の間に壁を作り区別することができる。




500ブログ 自分と他人4

自分の周囲に他人がたくさんいれば、“自分”を囲むように壁を作って“自分”を形作る。




500ブログ 自分と他人5

多くの他人に囲まれていれば、自分を守るために壁を厚くしていく。これで自分を守ることができる。




500ブログ 自分と他人6

しかし、一口に他人と言っても、いろいろな他人がいる。子供、父母、兄弟、友人、仲間、親戚・・・・




500ブログ 自分と他人7

「自分と子供は一心同体」と言う人もいる。





500ブログ 自分と他人8

そういった人は“自分”の中に子供がいる。





500ブログ 自分と他人9

“自分”を囲む壁をどこに作るかは、個人個人に任さられている。





500ブログ 自分と他人10

子供と友人の外側に壁を作れば、その内側にいる子供と友人が“自分”だ。






私はこの壁はいくらでも伸び縮みする高性能なゴムのようなものだと考えている。




500ブログ 自分と他人11

様々な経験をすることによって、ゴムを伸ばすように心の壁を広げていくことができる。
子供ができれば、多くの経験や努力が必要になってくる。
その経験や努力によって、心の壁は柔らかくなり子供の外側にまで壁が広がる。





500ブログ 自分と他人12
同様に様々な努力をすることで、心の壁はいくらでも広がっていく。





500ブログ 自分と他人13

広がれば広がるだけ、他人と思っていた多くの人が“自分”になっていく。



妙心寺派の教えである生活信条に

人間の尊さにめざめ 自分の生活も他人の生活も大切にしましょう

と、あります。






自分を大切にすることができる人は、自分と同じように他人を大切にすることができ、

他人を大切にすることができる人は、他人と同じように自分を大切にすることができます。






つまり、全ての人を“自分”と思えるようになることこそが、自分の生活も他人の生活も大切することになります。






そして、そのために私達は何をしなくてはいけないのかが、



わが身をこのまま空なりと観じて、静かに坐りましょう

衆生は本来仏なりと信じて、拝んでゆきましょう

社会を心の花園と念じて、和やかに生きましょう





という妙心寺派の教えである信心のことばだと私は考えています。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、40代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる