FC2ブログ

人が安らぎにかえる為に・・・


以前、自分の住んでいる場所の近くにある大きな道路に鹿が出て騒ぎになったことがありました。



エサを求めて遠くまで来てしまったのでしょう、帰ることができず、さらにたくさんの人と車に囲まれてパニックになっていました。






500鹿は野に帰る


頂いた色紙に





鹿は野にかえり

鳥は山にかえる

人は安らぎに 帰るなり







とあります。




鹿が野に、鳥が山にかえることは自然の出来事です。

同様に私達も安らぎに帰ることができる。




と、感じることもできるかもしれません。しかし、私は少し異なる捉え方をしています。




鹿も鳥も、あまりに離れた場所まで来てしまったらなかなか元の場所に帰ることはできません。


同様に人も安らぐ場所から離れてしまえば、帰ることはできません。


安らぐ場所は言うまでもなく、生まれたときから頂いている私達の中にある尊い心です。


その尊い心から私達は知らず知らずのうちに離れてしまいます。


離れたら帰れば良いのですが、離れていることに気がつかないからどんどん離れていって、とうとう帰れなくなり、迷い苦しむのかもしれません。






だからこそ、臨済宗妙心寺派の生活信条には


一日一度は静かに坐って 身と呼吸と心を調えましょう




とあるのです。「一日一度」 毎日安らぎに帰る習慣を作ることが




鹿は野にかえり

鳥は山にかえる

人は安らぎに 帰るなり






を実践する第1歩になるのではないでしょうか。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、40代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる