FC2ブログ

11月11日は・・・

 臨済宗妙心寺派のお寺で生活を共にする妻に

「11月11日は何の日?」

と聞くと、迷いなく

「ポッキーの日!!!」

と答えました。昔からポッキーが好きなので無理はありませんが・・・


 東光寺では毎月8日に布薩会(ふさつえ)を行っています。11月の布薩会では花園法皇(はなぞのほうおう)の掛け軸をかけて、来ていただいた方に紹介しました。

花園法皇121108
      ↑↑↑花園法皇↑↑↑


あまり難しく書くと分かりにくくなってしまいますので、かみ砕いて紹介します。



花園法皇は

1297年生まれ

12歳の若さで95代目の天皇になる

22歳で天皇を引退

若いころから勉強熱心で、引退後も20年以上仏教の勉強(修行)を続ける

妙心寺を作るため自分の土地と建物を提供し開山慧玄禅師を住職として迎える

1348年11月11日 52歳で亡くなる


 花園法皇が亡くなれて650年以上経ちますが、今でも花園法皇は妙心寺の開基(かいき:寺院を作るときに経済的基礎を提供した人)として敬われています。


 強引な説明をすると、妙心寺の初めての檀家様です。

 


 11月11日は確かに「ポッキーの日」が有名です。その他にも「煙突の日」や「もやしの日」、「下駄の日」など様々な記念日になっていますが、

 妙心寺の開基である花園法皇の御命日でもあることを知っていただければ幸いです!
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、40代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる