FC2ブログ

生活信条

東光寺(静岡市清水区横砂)は臨済宗妙心寺派のお寺です。


経本121106


 東光寺では法事のときなど、お参りに来ていただいた方に経本を見ていただき一緒にお経をお唱えします。この経本は「臨済宗妙心寺派」の檀信徒のために作成された経本で、本山(妙心寺:京都)等で購入することができます。


 意外と知られていないことですが、お経とはお釈迦様がいろいろな人々に説かれた教えです。その「教え」を誰にでも読めるように工夫されていったものが現在の「お経」です


 お経 = お釈迦様の教え



 「お経」と聞くと漢字ばかりで何が書いてあるのか分からないと考える方がいらっしゃいますが、ひらがなと漢字が混ざった現代的な言葉で書かれたお経も数多く存在します。



 東光寺で使用する、この経本も一番最初に登場するお経は非常に分かりすい言葉で書かれています。

経本1211062



最初に登場するお経は生活信条です。



生活信条

一日一度は静かに座って体と呼吸と心を整えましょう。

人間の尊さにめざめ、自分の生活も他人の生活も、大切にしましょう。

生かされている自分に感謝し、報恩の行を積みましょう。





 読んでみると「あ~、なるほど!」と思える言葉だと思います。



 私も以前は「お経 = 難しいもの」と思い込んでいました。しかし、仏教に興味を持ち「お経」を意味を考えながらゆっくり読んでみると意外と面白いことに気が付きました。生活信条もお釈迦さまから伝わる教えだと考えれば、分かりやすいお経の入門編と言っても間違いではないのかもしれません。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、40代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる