FC2ブログ

葬儀・葬式シリーズ 【1】 お葬式とは

600仏教豆知識シール96-108 葬儀 葬式シリーズ 108法事も96



この記事は東光寺(静岡市清水区横砂)で行われて子供坐禅会で私が話した内容をまとめたものです。




葬儀・葬式シリーズ 【1】 お葬式とは







お葬式 【おそうしき】

お葬式とは何でしょう。

答えにくい質問ですね。

亡くなった方、つまり死んでしまった人とのお別れ会と思っている人が多いと思います。

お葬式でお別れを言ったり、お花をお供えしたり、手を合わせてお参りをしているときは自分が何をしているか分かります。

しかし、お坊さんが読んでいるお経を聞いていても、意味が分からない部分もが多いと思います。



お葬式に出たことがある人の中には

「お経を読んでいると思ったら、急に和尚さんが大きな声で叫んだり、突然楽器みたいなのを鳴らしたりして意味が分からなかった」

と感じる人もいるのではないでしょうか。







句読点 【くとうてん】

お葬式は、亡くなられた人を送るため式です。

しかし、それだけではありません。


残された私達がお葬式をすることで、命の大切さや重さに気付き、 どうやって生きていくかを勉強する場所なのです。



お葬式は句読点と言われることがあります。

教科書や本を読んでいると、点や丸があります。あれが句読点です。長い文章を読むとき句読点があると文章は読みやすくなります。

句読点がなくても読むことはできますが、句読点があればより多くのことを読み取ることも出来ます。

お葬式も同じです。



「お葬式なんて やらなくてもいいじゃん!」

と言う人もいますし、しなくても捕まって刑務所に入れられることもありません。



でも、亡くなった人としっかりとお別れをすることは大切です。どうやって生きていくかを勉強することも大切です。

さらに、句読点は正しく使わないといけません。

変なところに点があったり、点と丸の位置が反対になったりしていたら文章は読みにくくなったり意味が変わってしまいます。

お葬式も同じです。

お葬式では何をしているのかを正しく知ることで、気持ちのこもったお葬式をすることができるのです。







お葬式の中身を全部まとめて話すと話が長くなってしまいますので、続きはまた今度・・・





今回は

お葬式は亡くなった人と心を込めお別れをすることで、命の大切さを勉強する儀式。

句読点は正しく使うことで文章がより分かりやすくなるのと同じように、お葬式を正しく知って心を込めてお参りすることで私達の人生をより深くすることができる。



と覚えてもらえればうれしいです。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、40代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる