FC2ブログ

恐怖の忘れ物 【裸で坐禅会をしてしまった日】




外出中に玄関の鍵をかけたか、ガスの元栓をしめたか不安になる人は、その動作に集中していないから不安になる!



と教えてもらったことがあります。





靴を履きながら玄関の鍵をかけたり、歯を磨きながらガスの元栓をしめると、鍵をかけ・元栓をしめたといった記憶が薄くなるためだそうです。

何か他のことを考えながら鍵をかけるなどの作業をしても同じ結果になるそうです・・・


鍵をかけた・ガスの元栓をしめたなど忘れてはいけないことを忘れないためには“指差し確認”が効果的なのだそうです。





1つ1つのことを丁寧にすることで、しっかりと記憶に定着し、記憶をなくすなどの失敗を回避することができるのです。




丁寧な作業が記憶に定着することを思い出したのは、先日私自身が大失敗をしたためです。

先日、東光寺(静岡市清水区横砂)で開催している朝の子供坐禅会が終わって着替えをする部屋に入ったところ・・・・




なんと・・・




そこにあったのは・・・




600絡子190403





絡子【らくす】!!







僧侶が着ているものの中で一番重要なものといっても過言ではない絡子がそこにあったのです。

「ただのエプロンだろ!」

と、思う人がいるかもしれません・・・


違います!!!


日本の僧侶は衣(和服)を着て、その上に袈裟【けさ】を身に着けます。

仏教が誕生した現在のインドやネパールの僧侶は1枚の布だけを身に着けています。これが袈裟です。

いつも袈裟で生活ができれば良いのですが、これは難しいのです。

そこで絡子【らくす】の出番です!




略式な袈裟が絡子なのです!



ですから、絡子はエプロンでも よだれかけでもないのです。







と、言うことは・・・


絡子をしていない → 袈裟を身に着けていない


なのです!!





インドなら、裸です!




恥ずかしい・・・






この日は、バタバタ準備をしながらあわてて着替えたため肝心なものを身に着けずに坐禅会を開催してしまったのです!!

裸で坐禅会をしていたようなものです・・・





1つ1つのことを丁寧にすることの大切さを改めて実感した出来事でした。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、40代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる