FC2ブログ

引導法語(いんどうほうご)

引導法語

 毎年10月の末になると写真の掛け軸が飾られます。この掛け軸は東光寺(静岡市清水区横砂)の前住職の妻の葬儀の引導法語です。

 導師を務められた和尚様が書いてくださったものを後に表装したものです。10月末が前住職の妻の命日のため、この時期になると飾るようにしています。



 葬儀で行われる引導法語は

「導師が、個人の徳をたたえ、漢詩に託して仏さまの世界に導きます。」

と説明させていただいています。


 そのため、写真の引導法語をよく読むと亡くなった前住職の妻がどこで産まれ、何処の誰に嫁ぎ、どのような一生を過ごしたかが読み取れます。


 「引導法語」と言われても良く分からない方も多いと思いますが、臨済宗の場合「引導法語」のときには最後に大きな声で

「かーーーーーつ(喝)」

と一喝を与えますので、一度見ていただければ忘れることはあまり無いと思います。


 引導とは迷っているものに対して仏様の教えを説き、真実の歩みに入れるように導くことを言います。そして、言葉によっては言い表すことができない教えを「かーーつ(喝)」の一声に込めて亡き人に与えているのです。葬儀はとても大切な仏教の法要ですので、葬儀の中でも引導法語を行っているのです。


 知っていそうで、あまり知られていない仏教のお話でした!
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、30代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる