FC2ブログ

写経会のときに どんな話しをしているの? その66

600写経会 絵葉書作成ファイル 66 禅語 無事





「若いころはできたのに・・・」

体力の衰えを感じたとき、ついつい口から出てしまいます。

若い頃には帰れないことは分かっているのに、あの頃の自分に帰りたいと願ってしまいます。






花は根に 鳥は古巣に かえれども 

人は若きに かえることなし





と言う詩があります。




花は散って 土に還ることができる

鳥は古巣に帰ることができる

しかし、人は決して若返ることはないのです。





花は土から栄養をいただき、花を咲かせて土に還っていきます。

鳥は巣立った場所に戻ることができます。

では、人は若い頃に戻れないのならば どこに戻ると言うのでしょうか。






禅の言葉に 無事【ぶじ】 があります。



普段から使っている言葉ですが、禅語としての無事は少し意味が違います。



ほとけや、道や、救いを、外や他に求めない心の状態を無事と言います。

私たちは煩悩を持ってるが、その中にも人間を人間たらしめる純粋な人間性が埋みこめられているので外部にほとけ求める必要がないと実感できた状態が「無事」。


です。






さらに、仏教では私達は生まれながらに「無事」の心をいただいていると説きます。

ですから、私達は若い頃には帰ることはできませんが「無事」にかえることができるのです。


人は ただ 無事にかえる ことができるのです。






花は根に 鳥は古巣に かえれども 

人は若きに かえることなし

ただ 無事にかえる






そう信じて、心を調えていきたいものです・・・・
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、40代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる