FC2ブログ

六波羅蜜【ろくはらみつ】シリーズ その3:忍辱


“できるけど やらない” と “できない” には大きな違いがある。



という言葉が好きです。



病気になって回復をすると、その病気に対して抵抗ができて同じ病気になりにくくなりましが、一度も病気になったことがないと、抵抗ができていないので病気になりやすく重症化しやすくなります。


一度病気になって抵抗ができている人と抵抗ができていない人に普段は大きな違いはありません。



しかし、いざというとき(病原菌がやって来たとき)には大きな違いがあります。



これが “できるけど やらない”と“できない”の違いのひとつです。

 





600仏教豆知識シール052 六波羅蜜シリーズ 忍辱



仏教の大切な教えに忍辱【にんにく】があります。



苦しみを乗り越える力を養うことを「忍辱」と言います。
 この世は、四苦八苦の世界であり、その中で生活している事実を認めることが忍辱なのです。







最近、「耐えなくてもいい」、「やりたくないことはしなくてもよい」そんな考え方が良いと言われることが増えた気がします。





仏教語辞典を開くと忍辱の部分に


・耐え忍ぶこと。
・あらゆる侮辱や迫害に耐え忍んで怒りの心をおこさないこと。これを実践することによって、すべての外からの障害から身を保護することができるので、忍辱の衣や忍辱の鎧(よろい)といわれる。





と書いてあります。





普段から、耐え忍んで怒りの心をおこさない修行をすることで、外からの障害から身を守れるようになるのです。



「耐えなくてもいい」ではなく、「耐えることはできるけど、耐えなくて良いときは耐えなくて良い」



という選択肢を持つことも大切なのではないでしょうか。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

忍辱ですが 耐え忍というより 寛容になるということかと思っていました。違うんですね。
人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、40代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる