FC2ブログ

竹から出る水 【心の中の残り物】



心の中には 捨てたつもりでも 消えずに残っているものがある




東光寺(静岡市清水区横砂)の境内にある袖師保育園では、毎年どんど焼きが行われます。



保育園のどんど焼きは毎年正月飾りなどを焚き上げます。



600どんど焼き1901121




そして、無病息災を願いその炎でお餅(鏡餅を切り分けたもの)を焼き食べます。






しかし・・・


正月飾りだけでは餅は焼けません!!



藁【わら】など燃えやすいもので出来ている正月飾りはあっという間に燃え尽きるのでお餅の表面を焦がすことしかできません。



そこで登場するのが「竹」です。



東光寺の墓地がある観音山の竹を使います。



切った竹を除夜の鐘の際に竹ろうそくとして使っていますが、その端切れや古くなって割れてしまったものを燃料として使っています。



切ったばかりの竹は水分が多く燃え始めるまでに時間がかかってしまいますので使いません。



最低でも1年間は縁の下で寝かした竹を使います。






600どんど焼き1901122



ちなみに、焚き上げる箱の中でも外側に立ててある竹は数年前に使ったもので、水分は完全に抜けているように感じていました。


しかし、無事に竹に火がついたときに驚きました。





600どんど焼き1901123


なんと竹に火がつく前に、切断面から水分(油分!?)がブクブクと染み出してきたのです!




何年も雨に濡れないところに保管してあったので、乾ききったと思っていた竹から勢い良く染み出る水分を見て、私達の心の中には 捨てたつもりでも 消えずに残っているものがあるように感じました。




悪くとらえれば



どんなに、道徳心を持ってまじめに生きていこうとしても、どうしても悪い心があり その悪い心が染み出してしまうことがある。



と感じられます。





反対に良くとらえれば



どんな悪人にも、奥底に良い心がある。



と感じることができます。





心の中には 捨てたつもりでも 消えずに残っているものがある



そんなことを実感したどんど焼きでした。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、40代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる