FC2ブログ

今、自分にできることを精一杯 【過去の不二に学ぶ 第59号】


寺は放ったらかしですよ。お墓参りの人も訪れているというのに、お寺としての活動をしていない。和尚は、もうボーっとしてしまってね、情けなくてね。



祥福寺専門道場(当時) 河野太通老師の言葉です。

640不二59号 その1




阪神淡路大震災で自らも被災しながら、被災者の為に尽くされた和尚様が臨済宗青年僧の会の機関紙「不二【ふに】」で示された言葉です。




臨済宗青年僧の会(臨青)は昭和55年1月に「青年僧よ立ち上がれ、歩め」をスローガンに掲げ発足した全国組織です。この臨青の機関紙が「不二(ふに)」です。





私は現在、臨済宗青年僧の会 ホームページを担当させていただいています・・・
※ホームページはこちらです。





不二59号(平成7年6月)は、阪神淡路大震災の直後から行われてきた僧侶による被災地での取り組みが紹介されています。
先ほどの言葉は、河野太通老師がインタビューの中で「被災寺院の悩みとこれからのこと」と題し話してくださった部分です。

 全文はこちらです。




辛いことがあれば休みたくなります。

ましてや阪神淡路大震災という大きな震災に遭い苦しんでいるのは一般の人も僧侶も同じです。しかし、河野太通老師はあえて厳しい言葉で伝えてくださったのです。




自分が苦しんでいるとき、人々も苦しんでいる。だからこそ僧侶は今できることを精一杯やらなくてはいけない。




さらに老師が自ら様々な行動をすることで言葉だけでなく、その姿でも私達に多くのことを伝えてくださっているように感じます。




和尚は、もうボーっとしてしまってね、情けなくてね。




このように言われないよう、実践を積み重ねていきたいと思います。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、30代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる