FC2ブログ

保育園児の坐禅体験 【平成30年10月】

東光寺(静岡市清水区横砂)の境内にある袖師保育園の園児達は坐禅体験にきてくれました。


500坐禅体験1810



彼らは年中組から毎月1回東光寺の本堂にやってきます。


ですから、年中組は7回目の坐禅体験。年長組は19回目の坐禅体験です。



坐禅体験は、坐禅やお参り、茶礼(されい:行儀よくお茶を飲む)を行います。





せっかくお寺に来てくれるので、少しでもお寺のことを知ってもらいたいと思っています。


そこで毎回、仏教豆知識シールを特製の坐禅手帳に貼ってもらっています。


10月は達磨忌の法要もありましたので達磨忌のシールを貼りました。


園児がシールを貼ったページに私がハンコを押して返します。





500坐禅体験18102


今月は 「だるま様と一緒に坐禅をする」 をテーマにハンコを押しました。





坐禅体験にやってきた園児には今回も3つのことを覚えてもらいました。今回は禅宗でとっても大切にしている達磨大師【だるまだいし】についてです。




1 昔、達磨大師【だるま様】が本当にいたこと。

2 だるま様が坐禅を教えてくれた

3 坐禅はみんなの心をキレイにしてくれる








「だるま様は何を教えてくれた?」

園児
「坐禅!!」


「坐禅ってなぁに??」

園児
「心をキレイにすること!」

坐禅体験終了後 大きな声が本堂に響きました。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、30代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる