FC2ブログ

「間」が大事 写経会での法話 (63)

500写経会 絵葉書 633


女の子が海に行きました。



波が来るたびに 女の子はしゃぎまわっていました。






500写経会 絵葉書 632


お姉ちゃんが近くに来れば 「遊ぼう、遊ぼう!」と誘います。





この子は、動き続けていました。





500写経会 絵葉書 634


しかし、ふと海の向こうに出てきた太陽に気がついたとき その美しい光景に見とれて動きが止まりました。





私達も普段の生活で、ふと立ち止まる瞬間があります。



それは美しい光景を見たときだけではありません。





朝、仏壇の前で手を合わせたときや

仕事の合間の休憩時間

寝る前に 目を閉じて体と心が調ったとき




など、意識して立ち止まる時間を作ることもできます。





意識をして立ち止まることで「間【ま】」ができます。



「間【ま】」が大切なことは誰もが理解しています。



美しい光景に見とれて動きが止まった子供のように自然と間【ま】を取ろうと思ったとき




朝の合掌に今日も生きぬくことを願うこと。

昼の汗に生きているよろこびを感じること。

夜の反省に生かされている感謝をすること





こそが大切なのだと感じて今回のような絵葉書を作成いたしました。


500写経会 絵葉書 63
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、30代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる