FC2ブログ

誰にでも「発見」がある場所

500小学校の入学式170412


地元の小学生が「総合的な学習の時間」という授業の一環で東光寺(静岡市清水区横砂)にやってきました。

・・・諸事情により写真がありません。

・・・残念です




今回の訪問では3年生が30人程来てくれました。



よく見ると境内の保育園に通っていた見覚えのある子供が何人かいました。



子供達は事前にお寺のことを調べてきてくれたうえで、質問を考えて来てくれていました。



「何年前から東光寺はあるのですか。」

「なんで隣に保育園があるのですか。」

「土日のお休みは何をしているのですか。」

「普段はどんなことをしているのですか。」

「門の黒板に書いてある言葉の意味は何ですか。」




などなど・・・
多くの質問をしてくれました。私が質問に答えていると子供達は一斉にメモをしていました。


そして、最後に子供達を代表して1人の女の子が感想を言ってくれました。言ってくれたのは境内にある保育園の卒園生であり、保育園に通っている頃は毎月坐禅を体験してくれていた子です。その子は
「保育園の頃からお寺には来ていましたが、話を聞いて初めて知ったことがたくさんあります。まだまだ知らないことがたくさんありました。」


と言ってくれたのです。


「数千ある」とも言われる様々なお経の中に、四弘誓願【しくせいがん】という幸せな生活過ごすために教えを守ることを誓う短いお経があります。




その中に一文に


学ぶべき教えは限りがないが、全てを学ぼうとすることを誓う

法門無量誓願学【ほうもんむりょうせいがんがく】




という言葉があります。




小学3年生の


「まだまだ知らないことがたくさんありました。」


とい言葉は




保育園児でも、小学生でも、中学生でも、大人でも・・・



お寺での体験は どの年代にも必要とされていることであり、どの年代に対しても「発見」があり、学ぶことがあるように改めて感じることができた言葉でした。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、30代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる