仏像ができて 厨子【ずし】ができて お寺(お仏壇)ができる

500合掌160126



先日、ある和尚様が


仏像ができて 厨子【ずし】ができて お寺ができる


と話をされていたことが印象に残っています。




一般家庭の「お寺」とは仏壇のことですので、




どうしてもお参りをしたいと感じたとき、仏様をお祀りしたいと感じる。


仏様をお祀りしたら、むきだしでは申し訳がない、なんとか厨子に納めたいと感じる。


厨子を用意したら、灯り、お香(線香)、花や果物、お菓子を飾りと感じる。





私は、その和尚様の言葉を聞いたとき、これがお仏壇ができていく心の動きなのかと感じました。



お寺も家庭の仏壇も、始まりは



「どうしてもお参りをしたい」



という気持ちのはずです。



そして、さらに



「少しでも多くの人と、一緒にお参りをしたい」



という気持ちが、たくさんの人が入れるお堂(本堂)を作っていくはずです。




東光寺 本堂




そのような尊い気持ちが形になった場所がお寺なのだと改めて感じました。



さらに、今、自分が生活をさせていただいているこの場所(お寺)、この想いに、恥じない生き方をしていかなくてはいけないと改めて感じました。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、30代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる