私の仏はどんな仏様ですか?


500切り絵 大日如来





先日「七ヶ浜町 写仏と切り絵の会」に参加させていただいたことを紹介させていただきました。
※そのときの記事はこちらです。





500写仏・切り絵会案内2018-1



この会に初めて参加した数年前に私は「守り本尊」という言葉を知りました。



500守り本尊とは

チラシの裏にも書いてあるように





守り本尊とは十二方位を守る仏様と自分の干支方位が一致する仏様で、古来より守護仏として心のよりどころにされてきました。




と教えていただきました。




臨済宗では


「衆生本来仏なり【しゅじょう ほんらい ほとけなり】」という「生きとし生きるもの、だれにでも仏様のような尊い心がある」



との教えを大切にしています。



私達の中には生まれたときから仏様のような尊い心がある、と説いているのです。







ちなみに、ひつじ年の私は大日如来【だいにち にょらい】が守り本尊とのことでした。



ですから、私も大日如来の切り絵に挑戦をさせていただきました。


500切り絵 大日如来

こちらが完成したものです・・・・





今回の写仏と切り絵の会に参加してくださった女性に


「私の仏はどんな仏様ですか?」


と質問をしていただきました。


「私“を”守ってくれる仏様」ではなく


「私“の”仏」という言葉聞いて、ハッとしました。






「守り本尊」という言葉を聞くと、なんだか「自分を守ってくれる仏様」と感じてしまいます。



しかし、「守ってくれる」では「仏様」と「私」は別人格になってしまうように感じます。


「私」を守ってくれる「仏様」ではなく


「私」と一体となってくださる「仏様」こそが「守り本尊」なのだと「私の仏はどんな仏様ですか?」


という言葉に教えていただきましたし、この守り本尊こそが「衆生本来仏なり」と説かれた私達の心そのもののように感じます。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、30代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる