FC2ブログ

慈しみの心

500慈しみ1806072




静岡東教区で行われた「花園地方大会」で、印象に残ったことがたくさんありました。
※全体の流れはこちらの記事で紹介しています。



第1部から第3部の3部構成で行われた「花園地方大会」ですが、第1部から第3部それぞれが印象深いものでした。



第1部は式典です。



式典の導師(法要の中心となる方)を務めてくださった臨済寺 阿部宗徹老大師のお話の中で



「衆生本来仏なりと、私達は生まれたときから仏様なんですよ。と言われて初めて、あー私は仏様なんだと気が付くなんてもったいない。それよりも自分で実感する方が大切です。」



といったことを話されました。この言葉はとても印象に残っています。

※言葉を正確に文字に起こしたわけではありませんが、このようにおっしゃったと私は認識しています。




私は弱い人間で、自分の失敗をつい誰かのせいにしたくなってしまいます。そんなとき、つい「だって、そんなこと聞いてないもん」というとんでもない言葉を使ってしまいます。


教わっていないからしょうがない。


言い訳やごまかしだと分かっているのですが、ついつい頭の中で「聞いてない」と考えてしまいます。
そんな未熟な私に「言われて気が付くなんてもったいない」という言葉は心に突き刺さりました。



教えられるのではなく、実感することが大切である。

自分から学ぼうとすること、実感しようと努力することの大切さを短い言葉で説いてくださったように感じます。




さらに、今回の「花園地方大会」に参加してくださった方に記念品として配布された色紙を帰宅後に見て驚きました。


今回は、妙心寺派管長 小倉宗俊老大師【おぐら そうしゅん ろうだいし】が慈しみ(いつくしみ)と書かれた色紙が参加者に配られました。



その中に、説明書きが入っており、



慈しみとは、心の奥底から湧き起ってくる自然の思いのことを言います。

黙って人のために尽くせるようになりたいものです。





とあります。



仏教では、私達は生まれながらに仏様のような尊い心をいただいていると説きます。



この「仏様のような尊い心」を、黙って人のために尽くせる「慈」という一字で伝えてくださっているように感じます。



と同時に、お二人の老大師が未熟者の私に


心の奥底から湧き起ってくる自然の思いを、もっともっと努力をして「実感」しなさい


と教えてくださっているように感じます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、30代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる