開山無相大師と十牛図【その4】

500十牛図 その4



東光寺(静岡市清水区横砂)は臨済宗妙心寺派のお寺です。


臨済宗は禅宗とも言われる禅の教えを大切にする宗派であり、本山は京都にある妙心寺です。


ですから、禅の教えや妙心寺の最初の住職である開山無相大師【かいさん むそうだいし】の教えを大切にしています。


この禅の教えと無相大師の生涯を説いた「無相大師の禅・十牛図 (則竹秀南老師著)」と出会い、その内容を平成30年春の子供坐禅会で話をさせていただきました。自分自身の備忘録としてその内容をまとめたいと考え記事にさせていただいています。


十牛図【じゅうぎゅうず】とは、本当の自分(仏の心)を見つけるための過程を10の段階に分けて示した禅の書物です。10の段階を1つずつ紹介させていただきます。






今回は、その4回目です。


その4 得牛【とくぎゅう】







500仏教豆知識シール 十牛図4




牛を捕まえたところ。しかし牛は暴れて逃げるかもしれないので縄などで捕まえておく必要がある







最近はスマートフォンを使っている小学生を見ても驚くことが無くなったように感じます。

子供は機会を触ることへの恐怖心は大人より少ないと思います。

ですから自然と使いこなすまでの時間は大人よりも短くなってきます。

しかし、スマートフォンを

「自由に使っていいよ!」

と子供に渡す大人はほとんどいません。もちろん、危険だからです。

便利なものですが、使い方を誤れば詐欺にあったり、個人情報を流失させてしまう可能性があります。

ですから、安全に使ってもらうためには大人はセキュリティーの設定をして子供にスマートフォンを渡します。

しばらくして子供がスマートフォンを正しく使いこなすまで親はしっかりと見守る必要があるのです。






十牛図では、牛は本当の自分を表しています。本当の自分のことを「悟り」とも言います。


残念ながら未熟な私は悟っていません。


ぼんやりとも見えていません。


ですから、無相大師の生涯から学んでいきたいと考えています。




無相大師は京都で師匠となる僧侶と出会い、徹底的に御修行されます。そして師匠に悟りを開いたことを認められます。



しかし、師匠に


「しばらく悟りの後の修行をしなさい」


と言われたのです。


十牛図に


牛を捕まえたが牛は暴れて逃げるかもしれないので縄などで捕まえておく必要がある


と、あるように徹底した修行で得た悟りを完全に自分のものにしようとされたのです。



これが、得牛【とくぎゅう】とのことです・・・
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、30代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる