FC2ブログ

初めての坐禅 【平成30年春】


500年少組の坐禅体験1


決して怖い和尚が小さな子供達を叱りつけている写真ではありません・・・


小さな子供達の「初めての坐禅体験」の様子です。


東光寺(静岡市清水区横砂)の境内にある袖師保育園の園児は毎月坐禅体験を行ってきます。



先週、年長組が最後の坐禅体験に来てくれましたが今日は年少組が初めての坐禅体験にやってきました。
※年長組最後の坐禅体験の様子はこちらをご覧ください。



本来は4月に年長組になって坐禅体験にやってくるのですが、年中組になる前に、お寺に来てどんなことをするのか勉強をしに来たのです。



坐禅体験の前の体験ということになります。



・・・ですから、足を組んだり手の形を教えたりという難しいことはせずに、簡単に体験をしてもらいました。





保育園の園児の坐禅体験は普段、



坐禅を2回(各10~15分)

その後、お参りをして

話を聞いて

茶礼【されい】と言って、行儀よくお茶を飲んだりお菓子を食べたりして




教室に戻っていきます。



今日は園児たちに



「2つのことを覚えていってね」



と、話をし



1.姿勢良く座る練習


2.合掌礼拝の練習



をしました。



本尊様の前でも



500年少組の坐禅体験3

説明を聞いて




500年少組の坐禅体験4

静かに手を合わせる合掌





500年少組の坐禅体験2

そのまま礼拝



この練習をしました。今までお参りに来たことのある園児も



「坐禅に行きます!」



と先生に聞いてからお寺に来ていますので、とても緊張しています。



彼らは4月から2年間かけてお寺の坐禅を体験していきます。



この坐禅が彼らの成長のためになるようにと祈りながらも、笑顔で帰っていく姿を見て、かわいらしく感じるとともに、坐禅体験にビビっている様子もなく頼もしくも感じました。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、30代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる