塔婆の話し 【オリンピックと五輪と塔婆】

オリンピックを五輪【ごりん】とも言います。


500五輪と塔婆1

オリンピックの5つの円は5つの大陸を示しているとも言われています。



実は、オリンピックと仏教には関係があるのではないかいと最近考えています。



オリンピック【五輪】は、見た人に感動を与えてくれます。




実は意外と知られていないのですが、仏教語辞典に「五輪」が載っているのです。



もちろん、スポーツの祭典オリンピックではありません。



仏教語辞典には

密教では,空・風・火・水・地の五大を五輪とも呼ぶ。

石で五輪を形造って積み上げものを「五輪塔」いい、木・板を五輪に刻んだものを卒塔婆【そとば】とよぶ。日本仏教では墓標として,または故人への追善供養のために建てられている。




と書いてあるのです。




塔婆【とうば】は


卒塔婆【そとば】とも言い、インドの言葉「スツーパ」の音に漢字を当てはめたものです。


古代インドでは盛り上げた墓または塚を「スツーパ」と言っていました。


日本では、お釈迦様の遺骨を納める入れ物(舎利瓶)の形をお墓の墓標として一般的に使うようになると、石板・木柱・木板に刻み目をつけただけの墓標や供養塔が作られるようになりました。





とまとめることができますので、五輪【ごりん】と塔婆には関係がありそうです。




オリンピックのマークは5つの大陸を表しているそうです。



5つの輪、つまり五輪です。



500五輪と塔婆2

白黒にしてもやっぱりオリンピックです。



500五輪と塔婆3

中を黒くすると少し様子が変わります。



500五輪と塔婆5

並べる場所を変えると・・・


500五輪と塔婆6

こうなります。それぞれ「空・風・火・水・地」という意味があるそうですので名前を付けると




このようになります。




500五輪と塔婆7

これを縦に並べると



500五輪と塔婆8

何となく見覚えのある形に・・・



下を長くすると



塔婆です。



500五輪と塔婆7


それぞれの形を変化させると



500五輪と塔婆10

このように五輪塔となります。



500五輪と塔婆9


五輪塔も塔婆も亡くなった方のことを想って建立するものです。



ですから五輪塔や塔婆(五輪)を見たときに亡くなった大切な方のことを思い出して、多くのことを感じ取ることができるのではないでしょうか。




1つのものを見て多くの方が色々なことを感じ取ることができるという部分では




オリンピックと仏教(五輪塔や塔婆)には少なからず関係があるように個人的には感じています。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、30代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる