子供坐禅会の目標は 坐禅会が無くなることです【その4】

悩みがあるからお寺(宗教)がある 世の中から悩みが無くなればお寺(宗教)はいらない




500坐禅体験1712132




たくさんの子供達は「子供坐禅会」に参加をしてくれているのですが・・・



私は子供坐禅会の究極の目標は坐禅会が無くなることだと考えています。



「廃れる【すたれる】」ではなく「嫌になる」でもなく、「必要なくなる」ことだと考えています。




東光寺(静岡市清水区横砂)は臨済宗妙心寺派のお寺です。



臨済宗妙心寺派の生活信条には



「1日1度は静かに坐って、身と呼吸と心を調えましょう」



という仏教の基本的な考えとも言える言葉があります。



「静かに坐る」は坐禅と読み換えることもできますので、



坐禅をすることによって、身と呼吸が調い、自然と心も調ってくる



と言い換えることもできます。



子供達に、この言葉を実感してもらいたいとの想いがあって、私は子供坐禅会を行っています。




また、「仏教」や「宗教」とは何かを考えたとき



仏教や宗教は、今を生きる人がどうしたら幸せに生きて行けるのかを学ぶ場所だ



という言葉を思い出します。



悩みがあって、その悩みを解決するために宗教がある



というのです。



逆転の発想をすれば、誰もが悩むことなく幸せに生きて行くことができるのならば「仏教」や「宗教」は必要なくなるのです。



と、考えるならば



子供坐禅会が必要無くなると言うことは、子供達が本当に幸せに生きて行くことができる世の中であるはずです。



500坐禅会イメージ図



しかし、




はけば散り

払えばまたも塵積る

庭の落ち葉も 人の心も






という言葉にもあるように、私達の悩みは尽きることがありません。




ですから、東光寺の子供坐禅会は今後も「必要なくなる」ことを目標に末永く続けていきたいと考えています。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、30代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる