仏壇を作ってみよう!(7)

 このカテゴリは仏壇のことについて知り、仏壇を自作しようとする

臨済宗妙心寺派の新米和尚の文章です。

三具足はなぜ必要か(お花編)

 どこのお寺に行っても、どの仏壇を見ても必ず三具足があります。(ローソク・花・お香)

この三つは、なんとなく置いてあるわけではありません。意味があるんですよ!!


 今日は「お花」(お華)の話です。

 お花は、そんなに難しい意味はありません。


    ずばりきれいだからです!!


 え、そんな理由なの!??と思われるかもしれません。しかし、

仏壇やお墓にお花をお供えするのは「きれいだから」なのです。

もう少し詳しく説明すると

 「お花は仏さまの慈悲を象徴していると言われています。また

見る人の心を和ませる効果もあります。そしてお花は愛情や

優しさの象徴でもあります」

 と言えるでしょう。


 このことから、お花はお香と同様に、心を清らかにし、

お参りをする準備をするために必要なのだと言えると思います。



 補足ですが、お墓や仏壇に造花をお供えする方がいますが、

あまりお勧めはしません。たまにしかお参りすることができないので、

お墓をきれい保ちたいと言う気持ちは理解できます。しかし、お参り

することは修行です。命の大切さを知ることは修行の大切な部分です。

一般的にお供えするお花は切り花です。切り花は必ず枯れていきます。

お花が枯れていく姿をしっかりと見て、感じることも大切な修行となります。

造花は枯れませんので、命のはかなさや大切さを感じることが難しいと思います。

ですから、お供えするお花に造花はお勧めしていません。

お供えする一番贅沢なお花は、自分で育て、お供えするために自分で切った

お花かもしれません。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、30代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる