視点の違いは面白い 【その2】

500柿と葉っぱ1




学生時代の理科の先生が授業中にニュートンの話しをしていて脱線したときのことが妙に印象に残っています。




ニュートンといえばリンゴが木から落ちるのを見て万有引力の法則を発見したことで有名です。




そのリンゴの話しをしているときに




「お前たちはリンゴを育てたのが葉っぱだと理解しているのか」




と言われたのです。




「葉っぱが光合成をして作り出した養分が木を育て、リンゴができる。その葉っぱは役割を終えると枯れて落ちて行く。そのことをしっかりと感じて有難いと感じているのか」




と言った話だと記憶しています。




もちろん、水を吸い上げる根も、吸い上げた水を運ぶ幹も、リンゴを支える枝も大切です。




全てがリンゴを育てていることは誰でも分かります。しかし、




「役割を終え地面に落ちた落ち葉に対して「ありがとう」と感じているのか」




と問われたときにドキッとしたことを覚えています。





畑で柿の収穫をしているとき写真を撮りました。




500柿と葉っぱ2





どうしても柿の実に目が言ってしまい、




葉っぱに「ありがとう」という気持ちを持ち切れていない自分を




「役割を終え地面に落ちた落ち葉に対して「ありがとう」と感じているのか」




という言葉と共に思い出しました。





500柿と葉っぱ3




木の葉っぱにも、そして役割を終えて地面に落ちた葉っぱに対して自然の恩を感じて「ありがとう、おかげさま」の気持ちを持たなくてはいけないことを思い出すことができました。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、30代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる