柿の収穫から学ぶこと

500柿の収穫から学ぶこと2




東光寺(静岡市清水区横砂)の境内にある保育園が管理する畑には柿の木があります。




500柿の収穫から学ぶこと1




今年は多くの実をつけてくれました。




喜んで収穫をしようと思うのですが、畑を管理する私が手を抜いたため柿の木の周囲には多くの雑草が生えてしまっています。




500柿の収穫から学ぶこと3




この雑草を分け入って柿だけ取ろうとすれば、草が邪魔で作業ははかどらないし、様々な虫とも遭遇することになります。さらに、前日までの雨で草が濡れているのでこちらまで濡れてしまいます・・・




柿を採りたいからと言って、やみくもに直進することはありません。




500柿の収穫から学ぶこと4




まずは草を刈ります。




・・・機械の力を借りてしまいました。







仏教では、私達は生まれたときから仏様のような尊い心をいただいていると説いています。




しかし、その尊い心もほっておくと、やがて畑が雑草に覆われるように煩悩などによって覆われてしまいます。




だからこそ、私達は煩悩を払い尊い心を大切にしなくてはいけません。




このことは、柿を収穫するために草を刈ることに似ているように感じます。




草が大量に発生している場合も、いっぺんに全ての草を取り除くことはできません。




奥の草を刈ることもできません。




手前の草から少しずつ刈っていくしかありません。





「尊い心があるんだ!」と、その心だけを目指して突っ走ることは確かに大切なのですが、それよりも尊い心があると信じて、今自分にできることをコツコツとやっていくことが大切なのだと感じました。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、30代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる