世界遺産の苔と普通の苔


500世界遺産の苔と普通の苔1


苔が流行っているとの噂を聞いたことがありますが、いまいち実感することがない毎日を送っています・・・





先日、西芳寺【さいほうじ】様の前を通過したときに感じたことです。




西芳寺よりも苔寺【こけでら】の名前の方が有名かもしれません。




世界遺産にも登録されている西芳寺(苔寺)様の前を通過しようとしたとき、ハガキを手に持った集団が、お土産屋さんの女性に



「早くしないと時間に遅れるよ!」



と声をかけてもらって走っていく姿を見かけました。




西芳寺様は拝観するのに予約が必要なお寺であり、予約をしたことを示すハガキを持って参拝者が走って行くところでした。




500世界遺産の苔と普通の苔2




川の向こうが世界遺産の苔寺です。




500世界遺産の苔と普通の苔3




つまり川の向こうの「苔」は世界遺産。




川のこっち側は普通の苔。




500世界遺産の苔と普通の苔4




世界遺産の苔は予約をしないと見れませんが、こっちの苔は好きな時に好きなだけ見ることができます。




500世界遺産の苔と普通の苔5





走らず、ゆったりとした気持ちで歩いていればこちらの苔も、世界遺産の苔も見ることができたのに・・・




などと余計なことを考えてしまいました・・・





白隠禅師坐禅和讃というお経の中に




直に自性を証すれば 【じきに じしょうを しょうすれば】

自性即ち無性にて 【じしょう すなわち むしょうにて】

已に戯論を離れたり 【すでに けれんを はなれたり】





との一節があり、





本来の自分を感じとることができれば、

様々な区別などないことに気がつき、

すでに愛着や煩悩から離れているのです






と訳すことができる一節です。




「世界遺産の苔と、普通の苔」などと区別している私の未熟さを、しっかりと指導してくださっている言葉です。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、30代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる