施餓鬼会での焼香!?

 お施餓鬼シリーズです。

「施餓鬼(せがき)とは」はこちらをごらんください。


今回のテーマは

「水向け(みずむけ)」


です。


 東光寺(静岡市清水区横砂)の施餓鬼会では、檀信徒の方々が焼香をすることはありません。導師は焼香をしますが、他の和尚様方も焼香をしません。




 施餓鬼会では「水向け」を行います。




水向け


水向けとは

 霊前に水をお供えすることで、お施餓鬼のときには洗米(洗ったお米)と水(水は、葉に水を付けてお供えします)をお供えすること

です。


 お施餓鬼は「餓鬼」に食べ物や飲み物を施(ほどこ)す法要ですので、焼香をするのではなく、水と米をお供えするのです。


 初めてお施餓鬼に参加する一般の方は法要中に、焼香ではなく「水向け」に行くことになりますが、驚かずに先に行う和尚様方や前の方の動きを真似していただければ難しいものではありませんのでご安心ください。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、30代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる