実るほど頭を垂れる稲穂かな!?

500仏様を見る方法1



東光寺(静岡市清水区横砂)の御本尊様は薬師如来【やくしにょらい】です。




御本尊様は須弥壇【しゅみだん:様々な仏様をお祀りする場所】の中心にある厨子【ずし:黒い箱】の中にお祀りされています。





御本尊様(黒い箱【ずし】)を見たいと思ったら、近くへ行けば見ることができます。





しかし、少し遠いところから見ようとすると・・・





500仏様を見る方法2





見ることができません・・・





少し離れた場所から見るためにはどうしたら良いのでしょうか・・・





答えは簡単でした!





目線を下げればよかったのです!!





500仏様を見る方法3





少し見えました・・・





でもまだ厨子【黒い箱】の全ては見えません。





もっと下げると・・・





500仏様を見る方法4





見えました!!





場所を変えなくても目線を下げれば見ることができるのです。





ですから、仏様をお参りするときに私達は頭を下げるのです。






逆に考えますと、





①産まれたばかりの子供の目線では見ることができる。


②しかし、知らず知らずのうちに大きくなり、ある程度大きくなると仏様(が祀られている厨子)は見えづらくなる。


③さらに大きくなると完全に見えなくなる。


④でも、頭を下げれば(目線を落とせば)見ることができるのです。





と考えることできます。






仏教では、






①私達は生まれたときから仏様のような素晴らしい心を持っている


②しかし、その素晴らしい心を知らず知らずのうちに、実生活に振り回されて見失ってしまうことがあります。


③やがて完全に見失う・・


④もともと持っている素晴らし心を見失ってしまったときでも、謙虚な気持ちで頭を下げ、心が調えば、再びその心を感じることができます。





と説いています。






身近な動作の中に教えが詰まっているように感じます・・・
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、30代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる