お施餓鬼シーズン到来!!

東光寺(静岡市清水区横砂)では毎年8月7日は


「施餓鬼会(せがきえ)」


を行っています。

施餓鬼紹介1


 え、施餓鬼!? 施餓鬼って何!? という方は非常に多いと思います。


「お施餓鬼って何?」


と聞かれて


「お盆にやってる、あれでしょ!」


と答えることができれば上出来です。しかし、施餓鬼について説明できる方は少ないと思いますので紹介します。




 施餓鬼という漢字は「施」と「餓鬼」に分けることができます。




「施」

「施」は施す(ほどこす)ことを表し、辞書で意味を調べると「困っている状態を助けるような行為をする。恵み与える。」とあります。



「餓鬼」

「餓鬼」とは満足することも、感謝することも知らない餓鬼道(がきどう)に落ちている生き物のことを言います。





つまり、施餓鬼会とは

感謝することも、満足することも知らないで、欲望に振り回される餓鬼を供養し、自らの心を調える法要です。




 東光寺の施餓鬼会には多くの檀信徒の皆様と、お付き合いのある20名ほどの和尚様方が参加されます。和尚様方が東光寺に来てくださると言うことは、東光寺の僧侶も他のお寺のお施餓鬼へ参加させていただきます。


 ですから、7月~8月はお施餓鬼シーズンなのです。地域やお寺によって法要のやり方が少し異なりますが、法要の中身はどこのお寺も同じです。


 7,8月のお施餓鬼シーズンには「施餓鬼会」の中身も紹介していきたいと思います。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、30代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる