25年ぶりに目を覚ます戸帳【とちょう】


東光寺(静岡市清水区横砂)の本堂は平成5年に檀信徒など多くの方々の手によって建て替えられた比較的新しい本堂です。






東光寺 本堂



約25年間、本堂正面に変化はありませんでした。





しかし、このたび大きな変化がありました。





500戸帳前170906

この姿が・・・




このように変化をしました!!




500戸帳170906




戸帳【とちょう】がつきました!!!





戸帳とは御本尊様を祀っている内陣【ないじん】の入り口にかける物のことです。




大切な御本尊様と御本尊様がいる場所を厳かにかつ美しく飾る役割をしています。





うん、確かに厳かで美しくなったと思います。





実は、このピカピカと美しく光る戸帳ですが新品ではありません。





なんと、以前の本堂で使われていたものです。





しかし、本堂の建て替えで内陣の大きさが変わり使用することができませんでした。





もちろん、当時戸帳を寄付してくださった方は東光寺の御本尊様を大切に想ってくださっていたのですから、使えないからと言って捨ててしまうわけにはいきません。




でも、大きさが違うから使えない・・・




ということで長い間保管をしていました。




すると、大きさが違っていても、縫い直せば(横文字が好きな人にはリフォームやリノベーションというと伝わるかもしれません・・・)使えるのではないかという情報を得て検討すること数年。




とうとう完成しました。





この戸帳を寄付してくださった方はすでに亡くなっていますが、東光寺や御本尊様を想う気持ちがこのような形で残せたことは大変ありがたい御縁だと感じます。




新しく生まれ変わった戸帳を見て、改めて多くの方の想いや御尽力によってお寺は守っていただいていることを実感し、この想いに応えるべく日々精進をしていかなくてはいけないと感じます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、30代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる