新たな仲間と布施の心

500坐禅手帳用ハンコ2




東光寺(静岡市清水区横砂)で行われた夏休み子供坐禅会では参加してくれた方に東光寺特製の「坐禅手帳」を配布しています。




坐禅手帳には

・お経

・坐禅の説明

・お寺についての説明



が書いてあります。しかし、手帳の大半はなんと「白紙」のページが占めています。




この白紙のページには参加してくれた方々が毎日配られる「仏教豆知識シール」を貼り、日付のハンコを押します。そして、好きな「こまめハンコ」を押すのです。




夏の子供坐禅会が終了し、最近は秋の涼しさを感じるようになってきました。




500坐禅手帳用ハンコ1




秋を感じるようになった頃、新しいハンコが届きました。




さっそく押してみました。




500坐禅手帳用ハンコ3




楽しい・・・




500坐禅手帳用ハンコ4




これまでのハンコと合わせると全部で15種類となりました。




ハンコになっている東光寺未確認キャラクターの「こまめ」は妻が豆知識シール用に書いたものですが、どのこまめをハンコにするか決定できるのは選ばれた子供坐禅会参加者です。




全部で20ページある白紙のページを全て使い終わった方、つまり坐禅手帳を1冊使い終わった方に好きなこまめを選んでもらっています。




以前は、1冊坐禅手帳を使い終わるとご褒美にお菓子をあげたり、仏教聖典をあげていたこともあります。




しかし、最近は好きな「こまめ」を選ぶことがご褒美になっています。




これまででしたら「お菓子」や「仏教聖典」など何かしたご褒美を自分が受け取ることができていましたが、今は何も受け取れません。ハンコが完成しても、そのハンコをもらうことも優先的に使うこともできません。
ただ選ぶだけです・・・




選んでも自分専用としては使えない・・・




誰かが、使うかもしれないもの選ぶ・・・






ハンコを選ぶことで「誰かのために選ぶ」心を持ってもらいたい、そして、このような体験を通して「自分のためではなく、誰かのために」何かをすること、何かができることを感じていただければありがたく感じます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、30代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる