仏壇を作ってみよう!(6)

 このカテゴリは仏壇のことについて知り、仏壇を自作しようとする

臨済宗妙心寺派の新米和尚の文章です。

三具足はなぜ必要か(お香編)

 どこのお寺に行っても、どの仏壇を見ても必ず三具足があります。(ローソク・花・お香)

この三つは、なんとなく置いてあるわけではありません。意味があるんですよ!!


 今日は「お香」(線香)の話です。法事や葬儀に行って焼香をしたことのある人は大勢いると

思います。でも、なんのために焼香しているか考えたことはありますか!?



 お香には私たちの心の汚れや、様々な汚れを清めてくれると古代のインド以来、

言われています。ですから、焼香をする意味は


「お参りをする準備をしている」


 とも言えるのです。お参りをする前に焼香(香を焚く)をすることにで清らかな心で

お参りすることができるようになるのです。せっかくお参りをするのに落ち着かない

気持ちでお参りしても、もったいないですものね!!
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、30代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる