坐禅の際に子供の声が聞こえて分別の心に気がつく・・・

500子供坐禅会1704062





東光寺(静岡市清水区横砂)の境内には保育園があります。




以前、坐禅会の最中に保育園のグランド(園庭)から子供達の遊んでいる声が聞こえてきました。




「なかなか集中できないなぁ・・・」




と考えていると、雨が降り出しました。




雨が降れば子供達は教室の中に入ります。




遊んでいる声は聞こえなくなり、雨の音だけが響いてきます。




このとき私は




「雨は心地よい音で、集中できそうだ」




と感じました。




しかし、よくよく考えれば




雨は心地よい、子供の声は心地よくない、




と分別をしているのです。




仏教(禅)では分別を「おもいこみ」や「こだわり」と考え、分別を無くした生き方である「無分別」を大切にしています。




子供の声などで集中力が切れてしまう自分の未熟さを痛感し、雨の音も子供の声も心地よく聞きながら坐禅ができるように精進していきたいと考えています。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、30代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる